会社破産

1.会社破産とは?

会社が債務超過や支払い不能の状態になり経済的に破綻した場合、裁判所で破産管財人が選任され、その監督下で、財産を管理処分し、債権者に平等に配当して清算する手続きです。破産手続終了後は会社が消滅します。

2.会社破産の特徴

  1. 債権者からの取り立てがおさまります。

  2. 債権者にとって、債務者である会社が会社破産を行うと、税法上、債権額の50%相当額については貸倒引当金として損金算入することができ、手続が終結したときには、損金処理することができるというメリットがありますから、経済的に破綻した状態で会社を存続させるよりも、債権者に迷惑がかかりません。

  3. 民事再生と異なり、裁判所の許可だけで事業譲渡ができるので、事業の存続を図るのが迅速に行えます。

  4. 中小企業の場合、経営者が会社の債務を個人的に保証している場合が多く、経営者に保証の履行の請求がなされ、経営者自身も個人再生や個人破産といった手続を取る必要が出てくることがあります。

3.会社破産の流れ

おおよそ以下のような流れになります。

破産申立

破産手続開始決定=破産管財人の選任

↓ *財産状況の調査

↓ *財産の換価

↓ *債権調査

↓ *配当

破産手続終結決定(配当がない場合は異時廃止)

4.会社(事業者)破産の費用

(1)着手金

最低額500,000円(税別)とし会社の規模、負債総額等により御相談させていただきます。

(2)報酬

原則としていただきません。

(3)実費

裁判所に納める予納金等が必要です。会社の規模、負債総額等により異なります。