民事再生

1.民事再生とは?

民事再生とは、経済的苦境に立たされた債務者が、自らの手で再生計画案を作成し、多数の債権者の同意を得、かつ、裁判所の認可を受けたうえで、その再生計画に基づく弁済等を行っていくことにより経済的再生を図ることを目的とする制度です。

2.民事再生手続の特徴

  1. 債務者による自主再建の手続です。
  2. 更生手続よりも迅速です。
  3. 自然人および公益法人を含む全ての法人が利用できます。
  4. 再生手続開始後であっても担保権の実行が認められています。
  5. 租税再建や労働再建は一般優先債権とされており、随時弁済しなければなりません。したがって、未納の税金や未払の労働債権が多い場合は資金繰りに注意が必要です。
  6. 再生計画の可決要件は、議決権を行使した議決権者の過半数で、かつ、議決権者の議決権の総額の2分の1以上の議決権を持つ者の同意が必要です。

3.民事再生手続の流れ

おおよそ以下のような流れになります。

再生手続開始の申立て

再生手続開始決定

財産評定・報告書提出

再生計画案の作成・提出

再生計画案の付議決定

再生計画案の決議

↓(可決)

再生計画認可決定

再生計画認可決定確定

再生計画の履行

再生手続終結決定