特別清算

1.特別清算とは?

解散後清算中の株式会社において、債務超過のおそれがある場合、裁判所の後見的な監督を受けながらなされる清算型の倒産手続きです。

2.特別清算手続きの特徴

  1. 破産手続は個人でも会社でも利用できますが、特別清算は解散後清算中である株式会社だけが利用することが可能です。

  2. 株主総会で選任された清算人が清算事務を遂行するため、企業の経営者や株主が清算に大きく関与することが出来ます。

  3. 債権者と「協定」を締結することもできますが、債権者と個別に和解することもできるため、手続きが柔軟です。

  4. 破産手続きよりも費用が低額です。

  5. 倒産したというイメージを一般的に持たれていません。

  6. 協定案については、出席した債権者の過半数、かつ総債権額で3/4以上の同意を得ることで可決されることから、大口債権者の意向が反映されやすいです。

3.特別清算手続きのデメリット

  1. 債権者との合意に基づく手続きなので、合意できそうにない場合は使えません。

  2. 破産手続における否認権の制度がありませんので、偏頗弁済や財産減少行為などの行為があれば特別清算を利用することは困難です。

  3. 債権確定の制度がないので、債権を迅速に確定することも困難です。したがって、債権の存否などにつき争いがあるケースは、特別清算には適しません。

4.特別清算手続きの流れ

おおよそ以下のような流れになります。

特別清算開始の申立

特別清算開始命令

↓ *資産・負債の確定

債権者との協定・和解

債権者への弁済

特別清算の終了